消費者金融・住宅ローンクレジットカードのトレンドをチェック!。
FC2ブログ




顧客との距離感 

ある取引先の社長が言ってました。

「借りたお金は返さん。交渉を重ねてそのたび返済期間を延ばすだけ。もちろん金利は返すが。金利さえ払ってたら銀行はそれ以上何もできない。」

不良債権が膨らんで処理に困ってた頃です。銀行の出方を見て足元をみていたわけです。担当者に暴言を吐く客もいました。
「はよ集金に来い!金いらんのか!!。」

取引は顧客の財務状況を見て柔軟な対応をするべきですが、あまりに顧客その人に近づきすぎると妙な期待を持たせることになります。金融機関も企業集団であり、利益を上げることにより成り立っていて、そこに許認可をもらっているということでの一定の制約としてのルールを課されているというわけです。

担保割れすればさっさと回収に走らないと、競争に生き残れません。やはり銀行はそろばんを見て迅速に行動することが原点だということがこの時代を通じて分かりました。不良債権の担保不動産を処分すると赤字がでるから、手付かずでづるづる様子見。その先にはゆがんだ取引関係が起こってしまう。

こういう状況に陥った金融機関はもう企業でもなんでもないですね。



人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/01/28 22:46 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hondakabu.blog16.fc2.com/tb.php/73-39b39e80








v