消費者金融・住宅ローンクレジットカードのトレンドをチェック!。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日銀が利上げ決定!!10年ぶりの水準へ 

日銀が利上げ決定、先行きも徐々に金利調整へ

日銀は21日の金融政策決定会合で、無担保コールレートの誘導水準を現行の0.25%から引き上げ、0.50%にすることを決めた。利上げは、賛成8、反対1で決定した。直ちに実施する。日本の政策金利が0.50%程度となるのは1995年以来。金融政策変更は、昨年7月14日にゼロ金利解除を決めて以来、約7カ月ぶり。また、先行きの金融政策については、引き続き極めて低い金利水準による緩和的環境を維持しながら、経済・物価情勢の変化に応じて徐々に調整を行うとの方針を示した。
asahi.com



また、住宅ローン借り換えの相談が増えると思います。昨年のゼロ金利解除決定時に借り換えた人も多いと思いますが(昨年の記事)、今回引き上げた金利は、1995年以来の12年ぶりの水準なので、以後に利上げが本格化してくる予感がしています。

借り換えにはもちろん


ですね。

宣伝より、僕自身も相談しようかと思っています
スポンサーサイト


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2007/02/21 23:53 ] 住宅ローン | TB(0) | CM(0)

住宅金融公庫また利上げ 

住宅ローンの種類と内容をチェックする:2006年度の公庫融資、上手に利用するポイント(コラム)

金利が確実に上昇基調にあります。

住宅金融公庫の個人向け住宅ローンの基準金利を0.19%引き上げて3.71%、最長35年の長期固定ローン「フラット35」が3.23%(前月比+0.182%)となった。

公庫の基準金利はこの1年で0.5%アップした。たった0.5%分だけであっても長期で借りると結構な額になってしまう。記事での試算では、

返済期間30年の場合の毎月返済額
3.05%(05年5月):4243円
3.52%(06年4月):4501円
融資額100万円当たりの返済額の差:258円
融資額1000万円では258円×10=2580円
融資額1000万円での返済総額の差:92万8800円

となっている。1000万あたりで100万近い差額ができていることになる。

ちなみに、住宅金融公庫は2007年4月1日には独立行政法人住宅金融支援機構になり、そのときに個人向け融資制度が廃止されるのでこの商品もあとわずかで申し込み修了となる。

融資制度が変わるのと、金利上昇局面などで、選択肢がいろいろ。借り換えするにもどうしたらよいか。

慎重に情報を集める必要がありますね。







人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/05/06 18:27 ] 住宅ローン | TB(0) | CM(0)

長期プライムレート引き上げ 

 みずほコーポレート銀行、新生銀行、あおぞら銀行の3行は10日、長期プライムレートを年2・10%から0・35%引き上げ、年2・45%にすると発表しました。

商品によりますが、住宅ローンでこの長期プライムレートの金利変動と自動的に連動している場合が結構あります。

したがって、この場合の住宅ローンは金利上昇が決まったことになります。
ただ、実際に返済額に反映されるのは、商品によりますが、すこし日がずれることになるので、借り手にとってどういう基準で金利が上がっていくのか良く分からないことが多いです。

長プラが上がったら、即座にコンピューターシステム部から返済パターン変更の返済予定表がいっぱいでてきて、お客さんに郵送したり、元帳の差し替えにバタバタしたものです。

まだまだ上がりそうですね。

何度か書いてますが、固定金利借り換え予定の方はお早めに。
住宅ローン借り換えの朗報!





rikin3.png



人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/04/11 17:24 ] 住宅ローン | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v