消費者金融・住宅ローンクレジットカードのトレンドをチェック!。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

内容証明郵便 

郵便局へ行くと、書類を何枚かと封筒を持って、長い時間窓口を独占している人がいます。

たいていくたびれたスーツ着た若者(^^;)。

これは内容証明郵便の発送です。

同じ内容の文書を3つ用意して、全書類に字数確認と郵便局印。

差出のための封筒に1つだけ入れる。

そして、送ったあて先の明細みたいなものを全部手書きで書かされる。件数が多い時は受付行く前に全部書いておくのが良い。

結構面倒。1、2件ならどうってことないが、10件以上あると10ぐらいかかることがある。郵便局ロビーのいすで、ぼーっとしてないといけない。

結構料金がかかるし、手間もかかるが、請求したことの証明としてはもっともポピュラーなので、みんなこの方法をとります。

ただ、金融関係では日常的に利用することになるので、簡便に済ませたいと誰もが思っています。

そこで、ネットを使った「電子内容証明サービス」ができたわけです。当然の成り行きですね、遅すぎるぐらい。

続きは次回。

人気blogランキング
スポンサーサイト


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/06/26 23:43 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(0)

ひとりごと 

気が付いたら6月。今年も半年は経過した。

思えば今年はなんといってもライブドアショックでスタートしたように思う。


株価の乱高下で、去年の株高で参戦した個人のにわか株式投資家が、大きく損害を出したことから始まった。

信用取引による追証・・・。この好景気に、破産の憂き目にあう人がたくさんいるんだろうと思う。表にはあまり出てこないが。

やはり「地道にこつこつ」とキャッシュが得られる仕組み作りが大切なのを痛感させられました。

「金持ち父さん・・・」に書いてあったことに、
①自分ビジネスを持つ
②不動産投資
③株式投資
の三種類の投資スタイルうち、①の必要性をといていた。
②③は自分のコントロールがきかないからだ。

②は国の政策で変わるし③は常に変化に富んでいる。

自分のビジネスを充実させることにもう一度立ち返ってがんばらないとね。

人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/06/03 21:21 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(2)

地震保険について 

地震が頻発してますね。

テレビのスーパーに地震速報が流れるのは日常茶飯事。最近はヤフーのページにも速報が流れてます。

昔、信金時代に公庫の代理業務を担当していたとき、その「住宅ローンの際、担保に入れる購入不動産に火災保険をかける手続きについて、

「地震保険もできればつけてほしいです。通常の火災保険では地震による火災で家が焼けても保険の対象にはなりませんので。」

と、公庫での業務説明会で話がでました。
その説明をしていた人は、
「まあ、掛ける人はまずないでしょうが。」

といっていて、参加金融機関担当者たちもちょっと笑っていたのを憶えています。

阪神大震災の2年前でした。

そのころ関東では地震保険の加入率は比較的多かったように憶えていますが、関西ではほとん加入している人はいないような状態でした。

歳月がたち、地震に対する危機感は日増しに高まっています。

備えあれば憂いなし。僕の住宅ローンにも標準セットのように地震保険かけさせられています。


人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/05/12 12:26 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(0)

ゴールデンウィーク明けの集金 

ゴールデンウィークは行楽日和が予想されるようですね。

この時期に天候が悪いと消費額に多大な影響があるようなので、イイ感じ。

やはりお金は回りまわっていることで、人々の懐を潤しますから。たくさん使って、またたくさん稼げればと思います。

そういえばゴールデンウィーク明けの、パチンコ店の集金大変だったなー。
あまりに金額が多いので、内勤の子連れて二人で集金したものです。

なにせ数えるのが大変。

ちなみに、僕のいっていたパチンコ店では、金庫の鍵は集金担当の僕が持っていました。(前にも書いたかな?)

オーナーが店員を信用していないんです。横領が多いんでしょうね。そういう話はしてませんでしたけど。

ほかの業種でも、いくつか鍵を持たされていました。僕が鍵開けて、従業員が書いた売り上げ伝票と現金を付け合わせて、持ってかえって口座に入金。

信用されてるのはいいんでえすけど、数え間違えたりしたら疑われるのは全面的にこっちなので、責任あってイヤでしたね。

そういう売り上げの管理してるお店結構多かったですね。

人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/04/29 18:58 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(1)

顧客との距離感 

ある取引先の社長が言ってました。

「借りたお金は返さん。交渉を重ねてそのたび返済期間を延ばすだけ。もちろん金利は返すが。金利さえ払ってたら銀行はそれ以上何もできない。」

不良債権が膨らんで処理に困ってた頃です。銀行の出方を見て足元をみていたわけです。担当者に暴言を吐く客もいました。
「はよ集金に来い!金いらんのか!!。」

取引は顧客の財務状況を見て柔軟な対応をするべきですが、あまりに顧客その人に近づきすぎると妙な期待を持たせることになります。金融機関も企業集団であり、利益を上げることにより成り立っていて、そこに許認可をもらっているということでの一定の制約としてのルールを課されているというわけです。

担保割れすればさっさと回収に走らないと、競争に生き残れません。やはり銀行はそろばんを見て迅速に行動することが原点だということがこの時代を通じて分かりました。不良債権の担保不動産を処分すると赤字がでるから、手付かずでづるづる様子見。その先にはゆがんだ取引関係が起こってしまう。

こういう状況に陥った金融機関はもう企業でもなんでもないですね。



人気blogランキング

人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2006/01/28 22:46 ] 仕事の話 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v