消費者金融・住宅ローンクレジットカードのトレンドをチェック!。




スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日掛け金融 

日掛け金融とは

日掛け金融とはどういったものでしょう。すなわち、

物品販売やサービス業など従業員5人以下の零細・小規模業者のみを貸付対象

返済期間は100日以上で、うち5割(2000年12月まで7割)以上の日数は融資先に直接出向いて集金

以上を条件として・・・

「取り立て(回収)に経費(コスト)がかかる」
として、
出資法の特例として54・75%(2001年までは年利109・5%。一般の消費者金融などは29・2%)の高金利が認められている制度のことです。

「当座をしのぐ資金が必要だが、返済は日々の売り上げから少しずつしたい」という小売店主らのニーズに応える制度とされる。

ところが実際は、一括集金や銀行振り込みなどの集金方法が行とられていたり、サラリーマンやパートタイマー、主婦に対して貸し付けられていたりする場合が多い。
この場合はもちろん日賦貸金業者特例から用件が外れるため、利息制限法の利率による利息(通常の業者の29%ではない!!)しか請求できない。

また通常通り「みなし弁済」の規定も準用されるため、貸付に際して借主に交付すべき書面(貸金規制業法17条)や弁済を受けた時に交付すべき受け取り証書(貸金規制業法18条)などが欠けている場合は、やはり利息制限法ということになります。






人気blogランキング
スポンサーサイト


人気blogランキング FC2 Blog Ranking
[ 2005/12/17 23:45 ] 日掛け | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
v